Businesses.com.au
A+ R A-

ブルームバーグ、顧客データ審査後の報告書を発表

E-mail Print PDF

社外審査によりブルームバーグの適切な顧客データ方針と管理体制が示される

顧客セキュリティーの強化のため、データアクセスの方針と手続きのさらなる変更、トレーニングの強化、第三者審査を実施

ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ブルームバーグは本日、法律事務所のホーガン・ロヴェルズと規制対応会社のプロモントリー・フィナンシャル・グループが主導した当社の顧客データ方針と手続きに関する社外審査の報告書を発表しました。審査の結果、ブルームバーグが適切な顧客データ方針と管理体制を持っていることが分かりました。当社はこの審査に基づく提言に沿って新たな手続きを追加的に導入したことも発表しました。

「このような変更はブルームバーグ ニュースの自然な進歩の一部であり、これにより組織は強化されます。」

元IBM会長で最高経営責任者(CEO)のサミュエル・J・パルミサーノ氏は、2013年5月よりブルームバーグの顧客データ方針と慣行についての独立的助言を取締役会に提供しています。ホーガン・ロヴェルズとプロモントリーの報告書について、パルミサーノ氏は次のように述べています。「本日発行された報告書は綿密かつ客観的で包括的なものです。ブルームバーグの経営陣は、より包括的な方針と手続きの必要性を認識して迅速に行動しました。既存の体制を強化し、この最優先事項により多くのリソースを投入しました。私自身の観察に基づき、ブルームバーグが現在適切な方針と管理体制を持っているというレポートの結論を支持します。」

また、ブルームバーグ ニュースの元編集長でニューヨーク・タイムズ紙のパブリックエディターを務めたクラーク・ホイトは、ブルームバーグのニュースと商業活動との関係についての社内審査を主導しました。当社はホイトの調査結果と提言を発表し、その実践を開始しました。ホイトは次のように述べています。「審査に基づいてブルームバーグに提言を行いました。その意図は、ニュースと会社全体がその既に高い基準に一貫して完全に準拠できるように支援すること、そして急速に変化する世界の中で方針や慣習を再考すべき部分を明確化することでした。」

ダニエル・L・ドクトロフ最高経営責任者(CEO)兼社長は次のように述べています。「私たちは進歩が必要なことを認識しており、過去の過ちから学習してきました。当社は、受け取った提言の多くをすでに実行に移しています。最も重要なことは、私たちがお客さまや他の関係者の声を丁寧に聞いてきたことです。その提案は、当社がより良いパートナーとなるために役立っています。」

ブルームバーグのピーター・T・グラウアー会長は次のように述べています。「当社の取締役会は、問題のある分野を特定して解決方法に取り組むことができるように、専門家がブルームバーグの従業員や当社の事業に十分かつ完全にアクセスできるようにすることを重視しました。」

この審査は次のように行われました。

  • 50万件以上のニュース記事の審査
  • 425人のブルームバーグ従業員との面談
  • 23万件の顧客データシステムの個別試験
  • 社内方針マニュアル、方針に関する注記、トレーニング手引き、顧客訪問記録を含む350部を超える文書の徹底した審査

ブルームバーグ ニュースのマシュー・ウィンクラー編集長は次のように述べています。「このような変更はブルームバーグ ニュースの自然な進歩の一部であり、これにより組織は強化されます。」

レポートに関するパルミサーノ氏の見解およびホイトの調査結果と提言を含むホーガン・ロヴェルズ/プロモントリーの報告書は、ブルームバーグ端末ではRVWS<GO>で、オンラインではwww.bloomberg.com/reviewsで閲覧できます。

当社の行動

ブルームバーグは、ホーガン・ロヴェルズ/プロモントリーの報告書に関連していくつかの行動を起こし、その多くは審査の途中で実施されています。報告書に記載されているように、その行動には以下のものがあります。

  • 会社のガバナンス枠組みの強化
    • ブルームバーグ取締役会の監査委員会の役割には現在リスクとコンプライアンスの監督が含まれ、委員会は大部分が社外取締役によって構成されています。
    • 当社は現在、CEOに直属する最高リスク・コンプライアンス責任者を採用する手続きを進めています。リスク、企業コンプライアンス、顧客データ・セキュリティー、セキュリティーの各責任者は、最高リスク・コンプライアンス責任者に直属することになります。
    • 当社は顧客データ・コンプライアンスの管理について定期的に第三者の審査を受けることとし、その結果をお客さまにも公開します。
    • このような行動に先立ち、2013年4月に顧客データ・コンプライアンス責任者が任命されました。
  • ブルームバーグの従来の顧客データ・コンプライアンス管理の補強
    • ブルームバーグは、役職に基づいた許可の枠組みを設定し、集中アクセス管理チームが秘密データへのアクセス特権の付与を監督します。
    • 当社は無許可のアクセスを監視するシステムを強化しています。
    • ブルームバーグはまた、顧客データ・コンプライアンスの方針と手続きを定式化した枠組みを策定しました。
  • プライバシーおよび顧客データ・コンプライアンスの方針と手続きに関するトレーニングの拡大
    • プライバシーおよび顧客データの問題に関する必須の全社的トレーニングに加え、当社は従業員の個別の役割に合わせたトレーニング・モジュールを作成しています。
    • 当社は、トレーニング・モジュールにアクセスできる集中ポータルと、プライバシーおよび顧客データの方針と手続きにアクセスできる別のポータルを設けました。
  • 記者による顧客データへのアクセスの制限
    • 現在、記者は顧客のUUIDおよびADSK画面1にアクセスすることはできません。また、顧客データへのアクセス権は非従業員用端末ユーザーのアクセス権と同じです。
    • 現在、記者はブルームバーグの匿名チャットルームにアクセスできません。

ホイトの提言

ブルームバーグは、以下のようなホイトの主な提言をすでに実施しているか、今後実施します。

  • ブルームバーグは、複数のプラットフォームにわたる編集室「規範・慣行タスクフォース」を創設し、ジャーナリズムのベストプラクティスを反映した最新の倫理ガイドラインとポリシーを作成しています。このタスクフォースには、ブルームバーグ ニュースおよびニュース取材や報道に携わる他の部署の代表者が参加します。
  • 記者と編集者は、ニュース取材の目的でのみブルームバーグ端末のクライアントを訪問することが許されます。
  • ブルームバーグは、編集室「規範編集者」の役職を創設します。この役職は上級記者が担い、ニュースが、正確さ、報道の厳格さ、バランス、論調に関するBloomberg Wayの高い水準を満たすようにする責任を負います。
  • これとは別に、ブルームバーグは編集室の管理体制の外に「独立上級編集者」を任命します。独立上級編集者は、ニュース報道に関する苦情訴えの独立した窓口の役割を果たし、ベストプラクティスの継続的な開発とトレーニングを支援します。
  • 必要に応じて、顧客データへのアクセスを制限する他の対策を補完するため、ブルームバーグは、ニュースと商業活動の社員をさらに物理的に分離しやすくし、共用施設での従業員の行動に関するガイドラインを導入します。

サミュエル・J・パルミサーノについて

パルミサーノは、2002年3月から2012年1月までIBMの最高経営責任者(CEO)を務めました。また、2003年1月から2012年9月まで同社の会長を務めています。その下でIBMは過去最高の財務業績を達成し、世界的に統合された企業となり、「スマーター・プラネット」構想を導入しました。パルミサーノはエクソンモービルとアメリカン・エキスプレスの取締役を務め、また、ブルームバーグ フィランソロピーズの役員を務めています。

クラーク・ホイトについて

現在、ホイトは、ブルームバーグのダニエル・L・ドクトロフ最高経営責任者兼社長の上級顧問です。この役職に就くまで、ホイトはブルームバーグ ニュースの編集長でした。2010年にブルームバーグに入社する前、ホイトはニューヨーク・タイムズ紙で3年間パブリックエディター(オンブズマン)を務めました。それ以前はナイト・リッダー・ニュースペーパーズに38年間勤務し、ワシントン国内特派員、デトロイト・フリープレスのビジネス担当編集者、ワシントン支局の支局長とニュースの最高責任者であるニュース担当副社長など、さまざまな報道・編集の役職を歴任しました。ホイトはロバート・S・ボイドと共に全米報道でピューリッツァー賞を受賞しています。

ホーガン・ロヴェルズについて

ホーガン・ロヴェルズは世界的な法律事務所で、企業、金融機関、政府組織の多種多様な重要なビジネスおよび法律の問題を世界的・地域的に支援しています。2500人以上の弁護士が、米国、欧州、中南米、中東、アジアの40カ所以上のオフィスで業務を行っています。ホーガン・ロヴェルズは、プライバシーおよび情報管理業務の経験が最も豊富で最大の法律事務所の1つです。

プロモントリー・フィナンシャル・グループについて

プロモントリーは、主に金融サービス業を中心とした戦略、リスク管理、プライバシー、データ・セキュリティー、規制準拠におけるトップ・コンサルティング会社です。創立者で元米国通貨監督官のユージーン・A・ラドウィグ最高経営責任者(CEO)が率いるプロモントリーは、データとプライバシーに関する深く幅広い専門知識を持つ専門家を擁しています。北米、欧州、アジア、オーストラリア、中東の15のオフィスで、専門家が6つの大陸の50カ国以上の顧客を支援しています。プロモントリーの関連会社がコンプライアンス技術、報告、融資、資金調達ソリューションを提供し、高い世界的能力の提供が可能です。

ブルームバーグL.P.について

世界のビジネス・金融情報、ニュースを伝えるリーダー企業のブルームバーグは、影響力のある意思決定者を情報・人・アイデアのダイナミックなネットワークとつなぐことで、決定的に重要な優位性を提供します。当社の強み、すなわち革新的技術によってデータ・ニュース・分析を迅速かつ正確に届ける能力は、ブルームバーグ プロフェッショナル® サービスの核心です。本サービスは世界の加入者31万5000人以上にリアルタイムの金融情報を提供しています。ブルームバーグの企業向けソリューションは当社の中核的能力を基盤とし、お客さまは技術の力を活用して組織全体のデータと情報へのアクセスやその統合、配信、管理をより効率的・効果的に行なうことができます。

1 ニュースに関するADSK(例えば、記事に関する質問をするADSK)はニュース部門のトレーナーに送られ、トレーナーはADSKで出された質問や問題を適宜記者に送ることがあります。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Read more



Business Web Sites